>

少しづつ上がってきたリサイクルの回収率

機械選別するという手もあります

日本でも、家庭では分別せず、機械選別をした方が良いのではないか?という意見もあります。
なぜかというと、ご家庭でリサイクル回収に手間暇がかかりすぎてしまうのと、地区ごとにリサイクル回収がバラバラで、統一した方がいいのではないか?という意見があるからです。
また、近年、多くの外国人が来日するにあたって、リサイクル回収の仕方や、ゴミの分別がわかりづらすぎるという現実があり、日本でも機械分別をという声も上がってきています。
海外から来た人たちにとっては、私たちでも手間暇がかかるリサイクル分別を、同じく行ってもらうのは困難ですよね。
機械選別するには、何より設備と費用が必要です。
人手も必要ですよね。
まだ日本では地区ごとのリサイクルが有力なようです。

全て燃やしてしまっているのではという誤解

SNSでは、とある方が日本では、全てのリサイクル回収品目を燃やしてしまっているのではないか?というメールが寄せられました。
これは半分正解で、半分不正解です。
環境省もリデュース、リユース、リサイクルに本腰を入れ始めていますし、焼却設備に頼らない循環型経済を作ろうというふうに力を入れていますが…やはり現実を見ると焼却処分が多いのも事実です。
ヨーロッパ諸国では、基本的に埋め立てはゼロにしようという流れにあります。
環境立国ドイツが率先していますよね。
日本には「夢の島」っていう埋め立て施設ありますよね。
日本の地区ごとに、リサイクル回収が違うのは、ぜひ統一してほしいですね。
まずは焼却設備から脱出することを、各自考えなくてはいけませんね。


TOPへ戻る